ハゲている

わたしはハゲている。

20代になって髪の毛が気になりだして
20代が終わるころにはテッペンがうすくなる。

その当時発売されたばかりの
育毛剤「リアップ」をつかって抵抗する。

1本5,000円ぐらいした。

1ヶ月で空になるので痛い出費。

いちるの望みをミノキシジルにたくして
使いつづけた。

リアップはムダに終わる。

わたしの頭頂部は
地球温暖化の影響をうけて(?)
森林伐採されていった。

35歳ぐらいでトレンディエンジェルの斉藤さんみたいになったのであきらめた。

それからずっとバリカンが親友となる。

買い換えて、買い換えて
いまのバリカンは三代目。

たくさんの機能を備えたバリカンは
あまり意味がなくオススメしない。

バリカン選びのポイントは「肌ごこち」。

電気屋さんで箱からバリカンを出して
手にあててみる。

ハゲきったアナタ、ハゲかけのキミ
自分の感触に合ったバリカンを買いましょう。