昼夜逆転のくりかえし

ひきこもりは昼夜逆転する。

深夜2時に寝るのが
3時、4時とだんだん遅くなる。

寝る時間が5時になると
親の起床とカブってくる。

「このままではいけない、深夜2時までに寝よう」と決意する。

夜12時に寝るため
まるまる一日寝るのを我慢する。

寝てないので、その日はねむくなって
夜12時ごろ寝られる。

でも再び、深夜2時、3時、4時と寝る時間が遅くなっていく。

そんなことのくりかえし。