司法書士にすがる

わたしは
彼女いない歴と年齢が同じ。

ひらたく言うと「童貞」である。

40過ぎて女性経験がないと
天使になれると聞いた。

鏡を見てみる……………………

こんな汚らしいオジサンが
天使のわけあるか!!!

失礼しました、取り乱しました。

40過ぎた汚らしいオジサン天使は
恋愛をあきらめていない。

無職ニートひきこもりだけど
恋愛を夢みている。

超絶ウルトラだめ人間の
ゆいいつの武器である「両親の資産」。

ぜいたくさえしなければ
わたしは生きていける

だから司法書士の資格が欲しい。

司法書士で収入がなくても
司法書士という世間体があれば
あとは親の遺産で生きていける。

浅はかなのは、わかっている。

でも何かにすがっていないと
生きていけない。