責めたところで

わたしは大学卒業から
無職ニートひきこもりになった。

アルバイトの経験はあるけど
就職したことはない。

20年以上の
無職ニートひきこもりなので
大ベテランの部類だと思う。

若いころは不満を表に出して
両親を責めて、自分を責める。

両親は傷つき、自分も傷つく
そんなことのくりかえし。

もう、責めるをやめた。

完全にやめられたかは分からないけど
責めない努力はしているつもり。

責めたところで何も変わらない。

責めるのではなく
「感謝」と「いたわり」。

両親に感謝して、自分をいたわって
そして堂々と無職ニートひきこもりをつづける。